スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tayutama's JPM Froyo


昨日、Samsung Captivateが到着しました。

元々、Vibrantよりこっちの形と質感が好きなのでこれを使いたかったんですが今のところVibrantを使用せざるを得ない状態に・・・

前はSuper One Clickでunlockとrootがすんなりできたんですが、今回は「killing ADB server」が延々ループ、unlock codeも出なかったので違う方法を試すことに。

unlockは色んな方法があるんですが、SGS Unlock Toolでもダメ、Generate Codeでもダメだったので、違う方法でごにょごにょして完了しました。

rootはroot用のzipファイルをいつも通り内部メモリにぶち込んで、リカバリーモードから起動。

すんなり完了。

ROMは何を入れようか、と思っていましたが前に試していなかったROMがあったのでそれを入れることにしました。

Tayutama's JPM Froyo w/Xcaliburinhand's Re-oriented Kernel

※Root化され、RomMnagerのアプリが入っていることが前提です。アプリやシステムデータのバックアップはお忘れなく。

①「Tayutama_Edition_v1.0.1_Captivate_Full」「Tayutama_Edition_v1.0.3_Captivate_Patch」「Clockwork Recovery Zip」をダウンロード。

②「Clockwork Recovery Zip」を「update.zip」にリネームし、PCに接続→マウント→3つのファイルを内部SDに移動。

③電源を切り、SIMカードを抜きます。

④リカバリーモードで起動します。ボリュームボタン2つ+電源ボタン同時押しで「AT&T」のロゴが出てきたら電源ボタンを離せば良いです。

⑤「Reinstall Packages」を選択

⑥「Install Zip From Sdcard」→「Choose Zip From Sdcard」→「Tayutama_Edition_v1.0.1_Captivate_Full.zip」を選択。

⑦Clock Work Recoveryの画面に戻ってきたら「Go back」→「Reboot System now」を選びます。

⑧しばらく時間がかかりますが、起動してホーム画面になればとりあえずOKです。

⑨同じように、「Tayutama_Edition_v1.0.3_Captivate_Patch.zip」もインストール。

⑩これで完了です。

XDAにはWCDMA 850(FOMAプラスエリア)の設定なんかも書いてあるんですが試してみた所、ドコモSIMの電波を掴めない状態になったので、やる必要は無いかと思います。

ほとんど触っていない状態なので詳しくは書けませんが、そこそこヌルヌル動くし、常用には問題無さそうな感じでした。

パッチファイルのほうにVoodooのLagfixが既に組み込まれているみたいです。

Quadrantスコアは1600ぐらいだったと思います。

Shootmeでスクリーンショット撮ろうとしたんですが、ノイズだらけで全く写っていなかったので・・・

代わりにXDAにあるサンプル画像を載せておきます。

2cibehl.png



2hcdqqa.png


蛇足ですが、このTayutama's JPM Froyo ROMを導入したCaptivateをヤフオクで出品しております。

良ければご覧下さい。http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u32429546

スポンサーサイト
カウンター
プロフィール

xdandroid21

Author:xdandroid21
ただのスマホ好きです。海外から端末を輸入してはレビューしたり、カスタムROM関連のことを書いてます。
買ったり売ったりしてます。

XDAndroid21をフォローしましょう

リンク
カテゴリ
最新記事
Twitter
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。